トリトソフト




インストール手順


1.トリトソフトのインストール
対象:Windows XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10
ダウンロードをクリックしてファイルをダウンロードします
ダウンロードしたファイルを解凍(ダブルクリック)し
[1.トリトソフト]フォルダをダブルクリックします


*保存先は「ダウンロード」フォルダを探してみてください
Vista, 7は、スタートからユーザ名(ドキュメントの上)
8, 8.1, 10は左下のエクスプローラーから
その中の[setup.exe]を右クリックして[管理者として実行]をクリックすると
セットアップ プログラムが起動するので
画面の指示に従いインストールを完了します


*「WindowsによってPCが保護されました」と出たら、
 左側の「詳細情報」をクリックして、
 出てきた「実行」をクリックしてください。


Accessをインストール済みの方は3へお進みください
2.アクセスランタイムのインストール
マイクロソフト公式ダウンロードセンター
アクセスランタイム2010
(アクセスランタイム2013)

もしくは、下記の方法でもできます。
下のファイル(お使いのPCに合う)をクリックして
ファイルをダウンロードします
アクセスランタイム2010(AccessRuntime.exe)
アクセスランタイム2010 64ビット版(AccessRuntime_X64.exe)

ダウンロードしたファイルを解凍(ダブルクリック)して
その中のフォルダをダブルクリックします
その中のファイルをダブルクリックすると
セットアップ プログラムが起動するので
画面の指示に従いインストールを完了します
※office インストール済みの方
ワードかエクセルを開き、左上のファイルをクリックします。
左側のアカウントをクリックします。
ワードのバージョン情報かエクセルのバージョン情報をクリックします。
32ビット64ビットか確認します。


3.トリトソフトの実行確認
トリトソフト認証番号の
名前とパスワードをご用意してください

デスクトップにできた「トリトソフト」をダブルクリックして実行してください
名前とパスワードを入力し「開始ボタン」をクリックしてください
メニュー画面が表示されたら「終了」ボタンをクリックしてください
「送信を完了しました 終了します」画面が出たら「はい」をクリックしてください
※接続先の変更
[Ctrl][Alt][Shift]押しながら右下(終了ボタンの右側)クリック×2
接続先:202.216.135.10で開始

担当:山 元